ドール者の傾向

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ドールとの付き合い方あれこれ

ドール関係のツイッターを見てると、いくつかの傾向があります。
代表的なタイプをいくつか挙げてみますが、これ以外にも居ますし、複合してたりもします。
今後自分がどんなタイプになるか?それはたぶん自分でもわからないと思います。
だからこそ楽しいわけですがw

タイプ一覧

今思いつくのは下のとおりです。
今後まだ追加されるかもしれませんし、コメントしてくれれば追加します。たぶんw

みんなでワイワイ型

sns的にはこれが一番メディアを活かしているように感じます。オフで知り合ってみんなでどこかに出かけたり、イベントに参加したりします。
これからドールを始める人は、オフに参加してしまうのが一番手っ取り早いかもしれません。
うちのブログ的には、定期的に開催される芦ヶ久保笑学校は初めての人にもおすすめできるオフです。

じっくり型

基本単独から少数です。ドールと居られればいいとか、一緒にいるだけで満足とか、忙しくてとか、色々なパターンがあります。
私はここに属する気もしますが、稀にオフに参加したり主催したりしますよ。

フォトグラファー型

文字通り写真にこだわりを持つ人。ドール撮影ってもう写真の1ジャンルなんじゃないかと思います。機材にこだわる人からスマホで十分って人まで多様な人がいます。
私も写真撮りますが、フォトグラファーかというと微妙な腕前ですw

創作型

モノづくりの人です。服やアクセサリーなどを自分で作ります。量産して売る人もいます。
ちなみにうちの連中の服はほとんど自作です。靴と福袋以外買ったことありません。

カスタマイズ型

ヘッドを削ったり可動域を増やしたり強化したり長さを変えてバランスを変えたりします。これもまた売る人もいます。そしてうちの連中もそれなりにいじってます。首の長さや腕の長さとかが純正と変わってます。よーく見るとちょっと違ったりします。

まとめ

なんかワイワイ型にちょっと当てはまらないけど、ここに挙げたもののほとんどに足を突っ込んでますね。
というか自分にその属性がないとあまり思いつかないですw
他になにかあるかなぁ?
これからドールを始める人は「これやりたい!」なんて決めてなるものではないけど、どんなドール者になるのかを楽しみに、思い切ってお迎えしちゃうことをおすすめします。

って・・・私は自分でドール者と思っていないんだけど、こうしてリストアップするとドール者っぽいのかも知れない?

コメント