古墳と千夏とガルパンと

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

水戸を経由して那珂へ

土浦から水戸を抜けて走ってきました。ここまでは休憩しながら3時間ほど走ればほとんど真っ直ぐなので楽ちんです。

溢れた那珂川は流石にもうおとなしい感じです。那珂ではため池親水公園によりましたよ。

日立まで行って水戸に戻る

水戸から日立までの道のりはアップダウンが増えます。2%とかの緩い坂が大半なのですが、頻繁に出現するとジワジワ効いてきます。ずっと平地よりは飽きなくていいですけどw

日立からの帰り道は行きと同じではつまらないので、海沿いを行くことにします。千夏はまだ海を見たことがなかったので嬉しそうでした。東海村の原子力科学館も見たかったのですが、今回の目的とは違うので次回に持ち越しです。

こういう海が好きなんです

水戸でお泊り

この日は水戸で一泊です。ちびちびに水戸の周りの電車を見せてあげてから、千波湖に向かいます。この湖に訪れるは三度目です。なんの変哲もない小さな湖なのですが好きなんです。鳥インフルのせいで鳥が減らされてたのは寂しいですけどね。

泊まったホテルはウエルカムドリンクでアルコール類も頼めたので、珍しくビールを飲んでみました。
翌日は水戸らしく納豆盛り放題とかの朝食をたっぷり食べて出発しましたw

ひたちなか海浜鉄道のちびちび

ここはちっこい電車が好きなちびちびに電車見せておしまいw

虎塚古墳壁画一般公開

千夏のお楽しみである古墳見学です。ここの壁画は年に2回、春と秋に公開されます。
本物の壁画は撮影禁止なので写真は無しですが、レプリカは撮影可能でしたよ。
千夏はおくるみに入ったまま見学してました。

千夏
お土産まで付きました!レプリカとはまた違う本物の凄さがありました。

大洗と芋と明太子、そしてガルパン

とりあえずこっちに来たら寄るところということで、那珂湊おさかな市場に寄りました。前に来たときより牡蠣の味が微妙なことになってました。あの地震の前と後での違いなのか何なのか?そんな思いをいだきながらガルパンで有名な大洗に向かいます。

ものの見事にガルパンでしたwでも普通の土曜にはお客さん少ないのかな?駅前は閑散としていました。昔来たときと変わってないなw
そうそう、ついでにめんたいパークにも寄りました。ここはある程度にぎやかでしたよ。

涸沼とF4EJファントム

あとは帰るだけなのですが、涸沼を経由して茨城空港に寄りました。百里基地は見学受け入れしているのですが、時間が時間なので公園の展示のみを見ることにしました。
ちびちびは乗り物なら何でも好きなんだなw

ひたすら走って霞ヶ浦に着くと、感動的な夕日が待っていてくれました。このあとの辛さを知るまではいいエンディング気分でしたw

ルートマップとエンディング

Total distance: 229.15 km
Total climbing: 1584 m
Total descent: -1582 m
Average speed: 21.06 km/h

せっかくなので霞ヶ浦の周りを走っていこうかな?ということになって、地図で言うと北の出っ張り?引っ込み?部分に沿って走ります。
いや寒い寒いw
土浦のあたりまでの看板が0.5km刻みで表示されているのですが、ここらでもう股擦れが限界に近かったのでなかなか進まず、久々に泣きそうになりましたw
でも土浦まで走らないと帰れないので必死に走ります。土浦の駅のそばまで来たときは嬉しかったですよ。そのままチャリンコを袋にしまって帰宅しました。