グラベルバイクはじめました!

この記事は約3分で読めます。

ドール散歩で歩ける範囲は歩き尽くしてしまった感があるので、行動範囲を広めるべく折りたたみ自転車を買ったのですが、折りたたみ自転車で走れる限界が往復100km前後という現実を知りました。
実際は100kmという距離ではなくお尻が痛くて耐えられなくなるのが9時間という時間制限と言うのが正しいのですが^^;
ちっこい折りたたみを都市部で走らせると、信号待ちで時間を取られて、最悪の状態だと平均時速が12km/hまで落ち込みます。これでも徒歩の3倍くらいの距離は稼げるのですが、どうせならもう少し平均時速を上げたいので、最近よく聞くグラベルバイクを買ってみることにしました。

ドールと撮影メインのブログでいきなりこんなこと書くのもアレなので、一応補足します。
グラベルバイクとかグラベルロードってのは、一般的なロードバイクに似てるけど、どちらかと言うともう少し緩くて、タイム競ったり登山したりするような自転車ではなく、カテゴリ的にはアドベンチャーバイクとか言われる荒れ地を走ったりする自転車から派生した感じのもので、砂利道を走ったりする事もできるロードバイク的な自転車になります。

本題に戻ります。
ドール載せてカメラ積んでってやるから私にはぴったりかな?なんて思った次第です。
スピード出せないし本格登山できそうもないですし、スネゲ剃らずに普段着で乗れるw

グラベルバイクの楽な点あげてみます。
あまり前傾しないポジション。砂糖菓子の様と例えられるくらい腰弱いので、これはかなり有り難いです。
前後スルーアクスル。スポーツサイクルは前輪と後輪を簡単に外せるのですが、スルーアクスルだとズレが少ないし、太い軸が貫通してるので丈夫。そしてクイックよりシンプルで着脱しやすいです。
油圧ディスクブレーキ。雨や泥に負けない。握力いらない。ブレーキの引きしろ変わらない。ガチな人はカーボンリムへの攻撃性がないとかになるけど、そこは私には関係ないw
マウントポイント?ダボ穴?が沢山ある。あちこちに荷物を装着する事ができます。フロントフォークの左右にも軽めの荷物なら搭載できるので、やろうと思えばテントやらバーナー持って2泊3日のキャンプくらいなら出来ちゃいます。

楽じゃない点も書きますね。
ママチャリなどの実用車と比較するとロードバイク譲りの積載スペースの少なさが際立ちます。
フロントに二枚ギアがあるのでチェーンがタスキがけになるような状態は好ましくない。結果的に左右の手でギア操作しないとならないので面倒。これはいつかフロントシングル化したいです。
スタンドがない。これはかなり致命的なので、今につけるかも。スポーツで乗る訳でもないですし。

とまぁ、他にも出てきたら追記します。が、ある程度はあとからなんとかなることが多いかな?
こんな感じでドールとチャリンコの組み合わせで少し遊んでいこうと思います。

お金かけずにw

コメント