雲台選びは超楽しいw

くもだいじゃないですwうんだいですw 前回の続きみたいなものです。 これもいくつかタイプがあって、一長一短というか、それぞれにメリットがあるのでお好みで。 まず私の大好きな自由雲台。

ネジを緩めると好きな角度と方向にカメラをセットできます。 半面細かい角度設定がしにくく、風景の人はあまり使ってないんじゃないかな?なんて思います。どちらかというとシャッターチャンスを逃したくない人に向いてるかも? 上の写真のが私の使ってるやつなんですが、左側のネジで動きの硬さを調節できるので、固定ネジ緩めた途端カメラがガックンってなりません。特に超望遠を使うときは必須機能かもしれません。   次に3Wey雲台。

これは結構付属してるのが多いですね。 傾きと前後をそれぞれのレバーで固定できるようになってます。ファインダー見ながら両方のネジを緩めて好きな方向に向け、それぞれの軸方向に固定したりしながら構図を考えることができます。 半面コンパクトさに欠け、重量も増加します。   ワンタッチタイプ雲台

レバーを握るとロックが外れてフリーになります。自由雲台の仲間・・かな? ネジを絞めたりする手間がないので、サクッとカメラの向きを変えることができます。 半面自由雲台より細かい調整がしにくかったのが私の印象です。 ほかにもジンバル雲台とか色々ありますが、これは特定用途というか鳥撮り用みたいなものな感じですので、ドールには使わないんじゃないかな?

よく出回るものなら中古で安く売ってるので、3ウェイと自由の2タイプは両方持っててもいいかもしれません。 使い分けするのが一番だと思います^^

ほとんどまんふろっと

だって好きなメーカーなんだものw そうだ、メーカーによる派閥というか好みが思いっきり出るのはカメラメーカーと同様この手の世界の常なのでしょうかw 私の好きなメーカーはスリックとマンフロット。うちにある三脚類ほぼこの二社で構成されています。 ベルボンやジッツォもありますが、これは全く使ってませんw  

コメント

タイトルとURLをコピーしました