2015年12月13日AM 01:27:14

ドール撮影のためってわけじゃないけどバッグ編w

個人的に一番困るのがこのバッグ沼です。
数増える、かさばる、あまり使わなくても捨てられない、売っても二束三文w
バッグを買い始めるのは危険信号かもしれません。できるだけ必要な物を最小限で購入してください。後で困ることになりますw
もちろん個人差はありますし、一家言ある人も多いと思いますが、ここはカヨワイw私の独断と偏見に基づいたことを書かせていただきます。

まずバッグの種類から。(名称は適当につけてます。メーカーにより固有の呼び方があると思います)

ホルスタータイプ
こんなタイプ

カメラとレンズを組み合わせた状態でスポッと突っ込むタイプです。
良い意味でも悪い意味でもシンプル。
ひとつ持ってると便利と思いがちですが、意外と使いませんw
小さくて安いから、たしかに持ってても問題ないのですが、単機能で満足できなくなるとタンスの肥やしになりますw

バッグタイプ
小さいのから巨大なのまであります。スリングタイプからメッセンジャーバッグ、アルミケースなど様々。これが厄介なんです。
最終的に至るのは好きなの買えよwってことになって全てが終わりますw
←同僚なんかだとアマバッグすすめちゃうのが一番なんですけどね。3000円以下で買えるし、Mサイズならさらにもう1000円安いwいらなくなれば気兼ねなく即捨てられるw
でもそれじゃここに書くまでもないので、一応目安的なものを書いてみます。

  1. 今持っている機材でいつも使うものをリストアップします。
  2. ストロボ・カメラ本体・レンズがメインになると思います。
  3. そこに+1区画の余裕をもたせたくらいがちょうどいいサイズです。
  4. リストアップは欲張り過ぎないのがコツです。ショルダータイプは肩にきます。経験則で言うと、レンズ3本までが快適に行動できる限界です。
  5. ショルダーでノートパソコンまで持ち歩こうとするとキッツイですwあのスペースにはガイドブック程度が私の限界ですw
  6. 三脚をさげられる気がするベルト付きのものもありますが、中型三脚をさげると肩が絶望的なことになりますwあれは一脚用ですw

3の余分な区画はブロワーを入れておくのが一番です。そしていざというときはもう一本レンズを入れられます。
これを超えるようなら素直にリュックにしましょう。うん。それが一番ですw

ちなみにオビツ50に入ってもらおうとしている人は、縦の長いバッグの2区画に体育座りさせてギリギリ入ります。ただ、これはバッグによるので、店頭で入ってもらって確かめるというのが確実です。目立ちますが気にしないw
もちろんそれ以外のドールでも店頭で入ってもらってくださいw繰り返しますが、かなり目立つけどそこは頑張りましょうw

リュックタイプ
これも小さいのから大きいのまであります。
カジュアルなのからいかにもってやつまで多数あります。
その中でも大きく分けて

  • 機材のみの1気室型
  • 機材とそれ以外の荷物が入る2気室型

があります。
機材数はショルダーより多く突っ込んでも負担が少ないし、三脚も楽に運べます。
でもリュックタイプはドールも一緒にってのはなかなか厳しいものがあります。2気室で機材少なめってのならいくつか存在しますが、そうすると機材のスペースが激減します。バッグ選びって凄く面倒なんです。
これなら入るドールも結構多くなると思います。ただ、体育座りになりますので、やはり店頭で(ry
リュックになるとカメラを取り出すのが不便なので、サイドからカメラを出せるようなものが楽です。
他にもスリングタイプになったりするものがあったり、3ウェイでカバンのように使えたり、見るからに登山リュックそのものってのもあります。
値段もショルダーより高くなるため、少なくとも一週間は悩むといいですw
気軽に買うならやはりこれかとw気に入らなかったら捨てられる価格w

キャリータイプ
旅行の時にコロコロ転がすあれみたいなものです。
こんなやつ。残念ながら気軽に捨てられるアマシリーズはありませんw
ほぼ機材オンリーのタイプです。
容量がデカければドールも余裕なのは確かです。
機材もわんさか入ります。
ただ、気になるのはアスファルトでの振動と値段。これで私は買うのを諦めました。
持っている人曰く、キャスター4つのタイプが良いらしいです。
あと、背負えるタイプもあるけど、このタイプを買うなら割りきってキャスターとしての機能を優先させないと中途半端になるとのこと。

アルミタイプ
昔は憧れました。丈夫だし。
でもあまりにカメラバッグらしすぎるんです。安いんですけどね。
保護力は抜群なんですけどね。むしろ小型アルミドールバッグがほしいくらいです。
航空ショーでみたことがあるけど、踏み台にするからなのかな?
説明書には踏み台にするのは禁止って書いてあるみたいですけどね。
当然のようにアマシリーズはありませんw

 

まとめ

そうやって選んでもなかなかしっくり来るものはありませんw
結局沼ですし、好きなのを選んでハマってくださいw
ただ、その沼をできるだけ浅くできたらなぁってことで書いてみました。

私は使い分けが一番だって思いました。
軽い撮影の時は小さめのショルダー、気合入れる時はリュック、近所を散歩するときはむき出しw
押し入れにバッグが沢山あれば、ドールバッグに転用も可能ですwそう考えれば沼も悪く無いじゃんw
開き直りが一番ですw

最後に買う時の注意だけ少し

アマシリーズ以外は、ちゃんと店頭で見て買ってください。
できるだけ普段使う機材を持って店頭で一言断ってから突っ込んで身につけて、体にかかる負担をよく確認してから買ってください。
これが一番だと思います。通販とか勢いで買うとろくなことが無いです

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)