2015年12月07日AM 08:33:21

ドールを撮る時のカメラ選び(APS-C編)

たぶん喫茶店で書くのはここまでになりますw

うちにあるAPS-Cのカメラは一眼

しかありませんが、キャノンとかソニーはミラーレスも作ってます。もちろんマウントアダプタを活用して他社のMFレンズを使うことも可能です。
ニコン以外の一眼用にもあるんですけどね。キャノンの一眼とかは使えます。ニコンだと補正とかややこしい話になるのでパスしますw

サイズ的にはフルサイズ以外(中判除く)のセンサーより大きいので、長めのレンズが使えるようになります。
レンズに書いてある焦点距離の1.5-1.6倍が換算焦点距離になります。35mmなら50mm前後、50mmなら75mm前後、105mmなら160mm前後になります。
このあたりでも大きめの口径で安価なレンズが選びやすいです。
半面広角レンズを買おうとすると使いまわしの面で若干高くついたりしますが、ドール撮影にはそんなに使わないので気にしないでも大丈夫。と言い切ってみますw
キットレンズ用のズームが巷にあふれてるので、必要ならそれを買えばいいですしw

早速サンプルを出してみます。 もう書くことがなくなってきましたw

F8からF11の間くらいでしょうか、そのくらいがちょうど顔から髪まですべてピントの範囲内に入ってます。
これくらいなら大きいドールの場合もっと距離が離れるから絞りを開けていくことができます。
理想を言えばここら辺からが使い勝手の良いドール撮影用カメラになるのかもしれません。
価格的にはD200クラスの中古2万円+レンズの中古2万円ってところでしょうか?
結構古くてもいいなら4万円ですね。
一眼になると交換レンズやそのほかのアクセサリの選択肢がぐっと広がりますので、いろいろな応用も効くようになります。
ただ、D200は10年超えてしまっているので、買うときはグリップのベタつきに気を付けてください。交換のグリップはもう無いかもしれないので、そこら辺を確認してから購入してください。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)