ストロボのシンクロに先幕と後幕ってのがあるけど、違いって何?

この記事は約2分で読めます。

今日は私が仕切るわ!

いきなりだねおねぇちゃん

一回こういうのやってみたかったのよ。今回だけでもやらせて

まぁ良いけど。。

カメラのストロボの設定に「先幕」ってのと「後幕」ってのがあるんだけど、これの違いを説明しようかと思うの

ふんふん

まずこれ見て。どっちも左から右にアライグマ的なのを転がしたところを先幕と後幕のそれぞれでスローシンクロ撮影したものなのよ

左の写真は右から転がしたものじゃないの?

そう思うでしょ。でもこれはちゃんと左から転がしてるの

なんか不思議

まず前提として、ストロボの光を浴びると動いてるものは止まって見えるのよ

うん

で、先幕ってのはシャッターが開いた直後にストロボが光って、その後にシャッターが閉じるの。だからアライグマ的なのが光を浴びて記録されたあとに転がるから右側に残像ができるの

ふんふん

で、後幕ってのはシャッターが閉じる直前にストロボが光るから、アライグマ的なのが転がって残像を作ったあとに光を浴びる。ってこと

そっか。だから左側に残像ができるんだ?

そういうこと

だったら全部後幕ってので撮ればいいと思うんだけど駄目なの?

考えてみて?シャッター押してからストロボ光るまでラグがあったら、いざという時にチャンス逃しちゃうじゃない。

そっか!シャッタースピードが遅くなるとストロボ光る前に撮りたいものがどっか行っちゃうね

そう、そういうことなのよ

なんか色々できるけど、こういうの覚えるの面倒だなぁ・・・

こういうのがあるってのだけは覚えておくと損はないわよ

え?!おねぇちゃん、私の頭のなか読んだ?

そんな気がしたのよ

おねぇちゃんこういうとこだけは鋭いんだよなぁ

こういうとこってどこよ!

やっぱり読んでるじゃん・・

コメント