2015年12月03日AM 08:31:02

アプリで調べると正確に出る。使いこなせればですがw(被写界深度をあれこれ考える:その2)

近距離の撮影で被写界深度を確認するときはプレビューボタンも使いますが、暗い時には不便だったりします。
地味に自分で作ろうと思ったけど、計算が苦手なので気軽に検索したら作ってくれてる方が結構いましたwありがたいです。

どのアプリも基本操作は一緒で、カメラとレンズの焦点距離と絞り値と撮影距離をセットすると、ピントの合っている範囲を算出してくれます。これを活用すればドールでも花でも必要なところにだけピントを合わせることが可能になります。
もちろんカメラの向きに対しての計算ですので、そこらへんは注意する必要はありますし、当然レンズの周辺部での画質低下までは防げません。
使うのはマメに距離を測らないとならないので使いこなすのが難しい事ですが、目測と被写体の大きさを意識してイメージを作ることの補助にもなります。
大切なのはこのくらいの範囲でピントが合ってるんだよ。って感覚を掴むことかと思います。

Screenshot_2015-11-27-19-09-27-min

DOF-被写界深度計算機

mm単位で表示できるのが便利なので好んで使ってます。これの設定に手持ちのカメラがない場合はストアで「被写界深度 計算機」あたりで探せば沢山出てきます。
アップル系にも同じようなものはあると思います。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)