梅雨といえば防湿庫

この時期の定番ということで、カメラやレンズに生えるカビ対策です。
防湿庫ってちょっと高いな、、って思うかも知れませんが、これは買っておいたほうが良いんです。
たとえ中古で2万円の一眼レフであろうが何であろうが、愛着って湧くものです。
愛着湧いたらそりゃ壊れたりカビ生えたら悲しいです。

防湿庫の出番なのですが、ドール撮影に使うレンズってそんなに増やすことはないと思うので、小さめのでいいから防湿庫をひとつ買っておくことをおすすめします。

こんなの

こういうのでも良いのですが、自動で湿度制御してくれる方が楽です。
何でかというと、カメラやレンズは完全に湿度がなくなってしまうとグリスが機能しなくなってしまって逆に不調になったりします。中古のMFジャンクレンズなんかでピントリング回してもスッカスカになってしまってるものがあります。あれがその状態だそうです。うちのレンズはそうなったことがないのですが、そうなるそうです。

上に紹介したくらいの容量なら一眼レフ2台とレンズ3-4本とコンデジくらいは入ると思うので、カメラの整理箱としても役に立つと思います。
ここで重要なのは容量が大きすぎると機材が増えていくという謎の現象を抑えるために、散財したくない人は小さめで我慢するという選択肢があるということw
小さめの防湿庫なら1万円ちょっとで買えますしね。密閉ボックスと乾燥剤を買っても、定期的な乾燥剤の交換と手間を考えると十分元はとれると思います。

うち?うちは横1mくらいのでっかいのがありますが、部屋は占領するわ無駄にゴーヨンやらサンヨンやら機材増えるわ(減らしましたがw)で困りましたw
でもスキャナとかの台になってるし、でかいのもそんなに悪くないかも?wお煎餅とかもしまえますしw

コメント

  1. ユーリー より:

    こんばんは、ユーリーです、のぞきに来ました|ω・´)
    防湿庫高いからしばらくいいかなと思ってたんですが
    除湿剤交換するのが面倒になって買ってしまいましたw
    長い目で見ると面倒がなくて、経済的にもいいかもですね

    乾燥しすぎもダメなんですね・・・それは知らなかった(;´Д`A

    • yuki68 より:

      いらっしゃいませです!
      この時期になると真剣に考えちゃうんですよね。この手のもの。
      防湿庫あるだけでカビのことを忘れられるので買って正解だと思いますよ(^^
      秋とか冬でも雨の中で使ったあとなんかは入れておくと安心できますし。

      乾燥しすぎるとグリスがカサカサになっちゃいます。そこらも含めて防湿庫は安心感ありますよ!